Match 関数。 【画像で解説】MATCH関数の使い方-便利なINDEX関数との組み合わせ技も!

関数 match

CHOOSE 関数の引数の役割が理解できたら次へどうぞ。

20
関数 match

引数「列番号」 引数「対象範囲」の何列目のデータを取得するか指定します。

6
関数 match

省略も可)かFALSE(または「0」)を設定します。 範囲内で値を検索し、見つかった値が何番目に位置するかを数値で返す。

関数 match

書式 MATCH 検査値, 検査範囲, [照合の型] MATCH 関数の書式には、次の引数があります。 照合の種類を-1とする場合は、範囲を降順に並び替えておく必要があるため、注意が必要です。 照合の種類に「1」を指定(検査値以下の最大値) このサンプルでは、検査値をF6セルの「90」としています。

18
関数 match

ADDRESS関数によるセル位置の表示 次に MATCH関数で検索した行数と ADDRESS関数を使い、検索したいセルの位置を表示します。 Excelで、とある大量のデータを表で管理しているときに、 探したいデータ(数値、文字列など)が該当の表のどの位置にあるか知りたいときがあります。

関数 match

まずはMATCH関数の概要と指定する引数について解説します。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。